日本 代表 サッカー ユニフォーム 2019

日本の伝統色である「勝色」は、深く濃い藍色です。勝利への魂を表した「勝色」で染め上げ、日本の伝統的な色である濃い藍色を施したユニフォームです。日本にラグビーが浸透したころには他国がすでにワンカラーのユニフォームを占領していました。 しかしほかの国と被るカラーのユニフォームは禁止されているため、苦悩の末に行き着いた先は、日本国旗を連想させる、レッドとホワイトのボーダーだったのです。

日本にとって遠い道程であるワールドカップが身近なものとなったのは、1986年メキシコ大会アジア予選の活躍である。 しかし、今回発表された最新作のアウェイユニフォームは日の丸カラーという、日本の原点に帰ったようなデザインです。 そんな背景があったとはいえ、今のユニフォームは日本にジャストフィットしています。

濃紺カラーを基調とし、今までのユニフォームにはなかった胸の横じまが印象的なデザインになっています。長年、札幌の胸スポンサーを続けている石屋製菓が、今季からユニフォームに掲載するロゴを「白い恋人」から「ISHIYA」に変更した。 ナンバーキットとアディダスロゴは赤色、ショーツとソックスはホワイトをベースとした配色を採用。製作は、高島屋で「メイドインJAPAN」にこだわり、高い機能性素材を採用するなど機能面にも工夫が見られました。

試合後の掃除をするという文化が世界でも広まってくれればよいなと言う気持ちでやっているのではなく、国民性でやっているのでしょうね。 サクラは日本の文化になじみが深い、日本を代表する植物のひとつです。日本代表の新ユニ。代表選手はこの言葉を心に刻み、正々堂々と世界の強豪相手に挑んでいるのです。 また、左肩のグラフィックは、日本が初めて優勝した1992年の国際大会で着用したサッカー日本代表ユニフォームのデザインを再現。興奮の嵐で日本中を包んだラグビーの日本代表。

実は日本代表が結成された当時は、このエンブレムの桜はつぼみでした。男子日本代表が3月23日(金)の国際親善試合、女子日本代用がAFC女子アジアカップ ヨルダン 2018より着用する予定だ。 ついに発表された2020(2021)東京オリンピックのユニフォーム。 FC東京監督時代の2004年に、クラブ初のタイトル(ナビスコ杯)をもたらしました。

その他の興味深い詳細サッカー ユニフォーム 日本 代表は、当社のウェブサイト上で見つけることができます。

日本 代表 サッカー ユニフォーム 2019
トップへ戻る